日本トランスオーシャン航空 (JTA)はどんな航空会社?2レターコードや基本情報をまとめて解説

エアラインガイドTOP > 航空会社 > 日本の航空会社 > 日本トランスオーシャン航空 (JTA)

日本トランスオーシャン航空 (JTA)(NU)

2019年10月21日 更新

日本トランスオーシャン航空 (JTA)は、沖縄県の那覇空港を拠点とする航空会社。日本航空グループで、JALの各種サービスを利用できる。那覇と沖縄の離島を結ぶ路線を中心に、本州や九州と沖縄を結ぶ国内線も運航している。

» 日本トランスオーシャン航空 (JTA) 国内線の路線一覧

基本情報

英語表記Japan Transocean Air
2レターコードNU3レターコードJTA
アライアンスワンワールド国・地域日本
羽田・国内線第1旅客ターミナル
(モノレール:羽田空港第1ビル駅,京急:羽田空港国内線ターミナル駅)

就航する日本国内の空港

日本トランスオーシャン航空 (JTA)は日本発着路線、福岡、東京・羽田、石垣島、大阪・関西、小松、宮古島、名古屋・中部、那覇、岡山、久米島の各空港に就航しています。

運航便にコードシェアする航空会社

ハブ空港

日本トランスオーシャン航空 (JTA)が拠点とし、路線網が集中するハブ空港です。多くの路線が発着するため、乗り継ぎで利用されることも多くなります。

日本の就航都市

ページ上部へ