スターフライヤーはどんな航空会社?2レターコードや基本情報をまとめて解説

エアラインガイドTOP > 航空会社 > 日本の航空会社 > スターフライヤー

スターフライヤー(7G)

2018年11月12日 更新

スターフライヤーは、北九州を拠点とする航空会社。羽田=北九州、羽田=福岡、羽田=山口宇部などの国内線を中心に運航している。ANA(全日本)とのつながりが強く、スターフライヤーが運航する一部便でANAがコードシェアしている。

» スターフライヤー 国内線の路線一覧

基本情報

英語表記Star Flyer
2レターコード7G3レターコードSFJ
アライアンス非加盟国・地域日本
マイルSTAR LINK
羽田・国内線第1ターミナル ※2020年10月25日から全路線が第1ターミナル
(モノレール:羽田空港第1ターミナル駅,京急:羽田空港第1・第2ターミナル駅)

日本から直行便のある都市

スターフライヤーは日本からの直行便就航都市として、台北・桃園へのフライトを運航しています。

就航する国・都市・空港

スターフライヤーが就航する国・都市・発着空港のリストです。

都市空港
台湾台北・桃園台湾桃園国際空港

» スターフライヤーが運航する国際線路線と就航都市

就航する日本国内の空港

スターフライヤーは日本発着路線、福岡、東京・羽田、大阪・関西、北九州、名古屋・中部、那覇、台北・桃園、山口宇部の各空港に就航しています。

運航便にコードシェアする航空会社

ハブ空港

スターフライヤーが拠点とし、路線網が集中するハブ空港です。多くの路線が発着するため、乗り継ぎで利用されることも多くなります。

» スターフライヤーの主要路線

海外の主な就航都市

スターフライヤーが主に日本の空港発着で運航する国際線の就航都市一覧です。

» スターフライヤーの路線一覧

機材・機種の一覧

スターフライヤーが保有・運航する飛行機の機種一覧です。一部、発注済みで今後導入予定の機材を含みます。

すべての路線で150席のエアバスA320-200型機を使用している。黒を基調とした機体デザイン・機内デザインなどはデザイナーの松井龍哉氏が担当している。

マイル(マイレージプログラム)

STAR LINK

ページ上部へ