フィンエアーはどんな航空会社?2レターコードや基本情報をまとめて解説

エアラインガイドTOP > 航空会社 > フィンランドの航空会社 > フィンエアー

フィンエアー(AY)

2019年10月21日 更新

フィンエアー(AY)は北欧フィンランドの航空会社で、JALと同じワンワールドに加盟している。
一般的にフィンランド航空と呼ばれることが多いが、公式ウェブサイトでは英語表記と同じフィンエアーを使用している。
日本からヘルシンキまでの所要時間が約9時間30分とヨーロッパ中では比較的短いことから、ヨーロッパ主要都市へ乗り継いだ場合にも全体の所要時間を短縮することができる点をアピールしている。
日本に就航したのは1983年で、成田-ヨーロッパ間のノンストップフライトとしては世界初。

基本情報

英語表記Finnair
2レターコードAY3レターコードFIN
アライアンスワンワールド国・地域フィンランド
マイルFinnair Plus
ラウンジFinnair Lounge
成田ターミナル第2ターミナル(空港第2ビル駅)
中部(セントレア)第1ターミナル
ツイッター@FinnairUKツイッター日本
リコンファーム必要なし

JAL、ANAとの提携

フィンエアーは、JAL(日本航空)とマイルとコードシェアで提携しています。条件によりJALのマイルが貯まります。

航空会社マイルコードシェア
JAL(日本航空)JALのマイルが貯まるあり
ANA(全日空)提携なし(ANAのマイルは貯まらない)

※マイルの積算条件は、予約クラスや対象路線、対象便などによって異なります

日本から直行便のある都市

フィンエアーは日本からの直行便就航都市として、ヘルシンキへのフライトを運航しています。

就航する国・都市・空港

フィンエアーが就航する国・都市・発着空港のリストです。

都市空港
フィンランドヘルシンキヘルシンキ・ヴァンター国際空港

» フィンエアーが運航する国際線路線と就航都市

フィンエアーの日本発着路線

成田-ヘルシンキ線を毎日1便、夏期に名古屋-ヘルシンキ線、関西-ヘルシンキ線を運航している。ヘルシンキには夕方3時頃到着するスケジュールで、同日乗り継ぎでヨーロッパ主要都市へのアクセスが可能。
北欧の都市はもちろん、ロンドン、マンチェスター、ミラノ、ローマ、ウィーン、アムステルダム、ジュネーブ、チューリッヒ、バルセロナ、マドリード、シュツットガルト、フランクフルト、ベルリン、パリ、サンクトペテルブルグ、モスクワなどへ乗り継げる。
また日本国内各地からの接続便として札幌-成田、福岡-成田、羽田-関空、那覇-大阪などJAL運航便にコードシェアしている。
2020年3月29日から羽田=ヘルシンキ線を新規就航する。

就航する日本国内の空港

フィンエアーは日本発着路線、札幌・新千歳、福岡、東京・羽田、大阪・関西、名古屋・中部、成田の各空港に就航しています。

燃油サーチャージ

以前の発券期間(購入期間)で適用されていた燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)の一覧です。最新の燃油サーチャージは未確認です。

方面燃油代期間
フィンランド片道 10500円2019年10月01日~2019年11月30日発券分
ヘルシンキ片道 14000円2019年08月01日~2019年09月30日発券分
ヘルシンキ片道 10500円2019年06月01日~2019年07月31日発券分

» フィンエアーの燃油サーチャージ

運航便にコードシェアする航空会社

ハブ空港

フィンエアーが拠点とし、路線網が集中するハブ空港です。多くの路線が発着するため、乗り継ぎで利用されることも多くなります。

» フィンエアーの主要路線

海外の主な就航都市

フィンエアーが主にフィンランドの空港発着で運航する国際線の就航都市一覧です。

国内線の主な就航都市

フィンエアーがフィンランド国内で就航する主な都市一覧です。

» フィンエアーの路線一覧

機材・機種の一覧

フィンエアーが保有・運航する飛行機の機種一覧です。一部、発注済みで今後導入予定の機材を含みます。

マイル(マイレージプログラム)

Finnair Plus

マイレージプログラムはフィンエアー・プラス(Finnair Plus)の名称で展開している。
区間マイルではなくポイント制なので、他の航空会社のマイレージプログラムとは少し異なるシステムを採用している。
JALの国内線特典航空券への交換も可能で、エコノミークラスで20,000ポイントから交換できる。またフィンエアーに乗って、JALマイレージバンクに貯める場合の加算率はエコノミークラス割引運賃で50~70%、

機内食

ビジネスクラスでは、前菜、スープ、メインコース(3種類から選択)、チーズ、デザート、フルーツのコースメニュー。ヘルシンキ発では北欧料理の要素を取り入れた料理が楽しめる。エコノミークラスの日本発着路線では、ソフトドリンク、ジュース、水、ビール、白ワイン、赤ワインは無料。その他のアルコール類は有料となっている。

フィンエアーのニュース

» フィンエアーのニュース

ページ上部へ