ANAはどんな航空会社?2レターコードや基本情報をまとめて解説

エアラインガイドTOP > 航空会社 > 日本の航空会社 > ANA

ANA(NH)

2019年10月26日 更新

ANA(NH)はスターアライアンスに加盟する日本の大手航空会社。全日空とも呼ばれるが、正式名所は全日本空輸となっている。ANAは英語表記 All Nippon Airways の略称。日本国内線、アジア、北米、ヨーロッパ方面への国際線を運航している。同じスターアライアンスのユナイテッド航空、シンガポール航空、ルフトハンザドイツ航空とコードシェア便を設定してるほか、ロンドン線ではヴァージン・アトランティック航空ともコードシェア便となっている。機材のほとんどはボーイング社製。

» ANA 国内線の路線一覧

基本情報

英語表記All Nippon Airways
2レターコードNH3レターコードANA
アライアンススターアライアンス国・地域日本
マイルANA Mileage Club
ラウンジsignet Lounge,ANA Lounge,CLUB ANA LOUNGE
成田ターミナル第1ターミナル(成田空港駅)
羽田・国内線第2ターミナル
(モノレール:羽田空港第2ターミナル駅,京急:羽田空港第1・第2ターミナル駅)
羽田・国際線国際線ターミナル
(モノレール:羽田空港国際線ビル駅,京急:羽田空港国際線ターミナル駅)
中部(セントレア)第1ターミナル
ツイッターツイッター日本@ANA_flight_info
リコンファーム必要なし

日本から直行便のある都市

ANAは日本からの直行便就航都市として、ロンドン、フランクフルト、ミュンヘン、デュッセルドルフ、パリ、ブリュッセル、ウィーン、サンフランシスコ、ロサンゼルス、ニューヨークJFK、シカゴ、ワシントンDC、ヒューストン、ホノルル、バンクーバー、メキシコシティ、ソウル、ソウル金浦、北京、青島、瀋陽、大連(ダイレン)、上海、上海・浦東、杭州、アモイ、広州、香港、台北・桃園、台北・松山、ホーチミン、シンガポール、ジャカルタ、バンコク、マニラ、ムンバイ(ボンベイ)、プノンペン、ヤンゴン、シドニー、パース、ウラジオストク、武漢へのフライトを運航しています。

就航する国・都市・空港

ANAが就航する国・都市・発着空港のリストです。

都市空港
イギリスロンドンロンドン・ヒースロー空港
ドイツフランクフルトフランクフルト国際空港
ドイツミュンヘンミュンヘン国際空港
ドイツデュッセルドルフデュッセルドルフ国際空港
フランスパリシャルル・ド・ゴール国際空港
ベルギーブリュッセルブリュッセル国際空港
オーストリアウィーンウィーン国際空港
アメリカサンフランシスコサンフランシスコ国際空港
アメリカロサンゼルスロサンゼルス国際空港
アメリカニューヨークJFKジョン・F・ケネディ国際空港
アメリカシカゴシカゴ・オヘア国際空港
アメリカワシントンDCワシントン・ダレス国際空港
アメリカヒューストンインターコンチネンタル・ヒューストン国際空港
アメリカホノルルダニエルKイノウエ国際空港
カナダバンクーバーバンクーバー国際空港
メキシコメキシコシティメキシコ・シティ国際空港
韓国ソウル仁川国際空港(インチョン)
韓国ソウル金浦金浦国際空港(キンポ)
中国北京北京首都国際空港
中国青島青島流亭国際空港
中国瀋陽瀋陽桃仙国際空港
中国大連(ダイレン)大連周水子国際空港(ダイレンシュウスイシ)
中国上海上海虹橋国際空港(シャンハイホンチャオ)
中国上海・浦東上海浦東国際空港(シャンハイプードン)
中国杭州杭州蕭山国際空港
中国アモイ廈門高崎国際空港
中国広州広州白雲国際空港(コウシュウハクウン)
香港香港香港国際空港(ホンコン)
台湾台北・桃園台湾桃園国際空港
台湾台北・松山台北松山空港(タイペイショウザン)
ベトナムホーチミンタンソンニャット国際空港
シンガポールシンガポールシンガポール・チャンギ国際空港
インドネシアジャカルタスカルノハッタ国際空港
タイバンコクスワンナプーム国際空港
フィリピンマニラニノイ・アキノ国際空港
インドムンバイ(ボンベイ)チャットラパティー・シヴァージー国際空港
カンボジアプノンペンプノンペン国際空港
ミャンマーヤンゴンヤンゴン国際空港
オーストラリアシドニーシドニー国際空港
オーストラリアパースパース空港
ロシアウラジオストクウラジオストク空港
中国武漢武漢天河国際空港

» ANAが運航する国際線路線と就航都市

ANAの日本発着路線

日本からの国際線は成田、羽田を中心に、アジア各国、東南アジア、北米、ヨーロッパの主要都市へ就航している。中部からはソウル行き、関西からはソウル、北京、大連、上海、香港などへ直行便を運航している。

就航する日本国内の空港

ANAは日本発着路線、旭川、青森、秋田、札幌・新千歳、福島、静岡、福江島、福岡、八丈町、広島、函館、東京・羽田、佐賀、石垣島、大阪・伊丹、石見、岩国、高知、新潟、大阪・関西、宮崎、熊本、小松、鹿児島、釧路、紋別、女満別・網走、宮古島、松山、名古屋・中部、長崎、成田、穴水、大分、那覇、岡山、大館能代、利尻富士町、仙台、中標津町、庄内、高松、富山、鳥取、神戸、稚内、米子の各空港に就航しています。

燃油サーチャージ

以前の発券期間(購入期間)で適用されていた燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)の一覧です。最新の燃油サーチャージは未確認です。

方面燃油代期間
北米片道 10500円2019年10月01日~2020年05月31日発券分
タイ、シンガポール、マレーシア、ミャンマー、カンボジア 片道 4500円2019年10月01日~2020年05月31日発券分
韓国片道 500円2019年10月01日~2020年05月31日発券分

» ANAの燃油サーチャージ

運航便にコードシェアする航空会社

海外の主な就航都市

ANAが主に日本の空港発着で運航する国際線の就航都市一覧です。

» ANAの路線一覧

機材・機種の一覧

ANAが保有・運航する飛行機の機種一覧です。一部、発注済みで今後導入予定の機材を含みます。

マイル(マイレージプログラム)

ANA Mileage Club

ANA Mileage Club(エーエヌエーマイレージクラブ)は全日空のマイレージプログラム。クレジット機能の付いたANAカードやみずほマイレージクラブカード/ANAなどの提携クレジットカードがある。会員カードには電子マネー「Edy」の機能が付く。

機内食

エコノミークラスの欧米路線では月替わりで4つのスタイルを設定しており、「J-Menu」としてお弁当、丼物、洋食、定食を提供している。羽田深夜便は羽田到着前に温かいメニューが用意される。最新の機内食はWebサイトで掲載している。ビジネスビジネスでは有名レストランのシェフが担当。季節により彩り鮮やかなメニューを提供している。

荷物

国際線エコノミークラスの場合、無料手荷物許容量は、個数は2個まで、1個あたりの重量23kg(50lb)まで、3辺(縦・横・高さ)の和は203cmまで。

ANAのニュース

» ANAのニュース

ページ上部へ