タイのコンセントは何タイプ?

エアラインガイドTOP > 海外のコンセント > アジアのコンセント > タイのコンセント

タイのコンセント

タイで一般的なコンセント・プラグ形状のタイプA・B・C・Fに変換アダプターは必要?日本とのタイプや電圧、周波数の違いをチェック。

コンセント形状と電源プラグの種類

タイ日本
タイプA タイプA
タイプB タイプB
タイプC タイプC
タイプF タイプF
タイプAタイプA

電圧は220V

タイの電圧は220V(ボルト)です。

製品のラベルや説明書に「100-240V」の記載があれば、タイでも使用できます。

ヘアドライヤー、ヘアアイロンなど製品によって、電圧を下げるダウントランスの変圧器が必要な場合があります。 ドライヤーは海外対応の製品を持っていくと変圧器が不要でおすすめです。

タイ日本
220V100V

周波数

タイの周波数は「50Hz(ヘルツ)」です。

海外旅行で持っていくほとんどの製品では、周波数を気にする必要はありませんが、引越などで大型家電を持って行く場合は注意が必要です。

タイ日本(西日本)日本(東日本)
50Hz60Hz50Hz

※富山県・長野県・静岡県(西側)から西が60Hz、新潟県・群馬県・埼玉県・山梨県・静岡県(伊豆半島など東側)が50Hz、一部混在地域があります

タイの航空会社

タイの航空会社に搭乗するときにも、タイで一般的な電源アダプターを機内持ち込みしておくと、電源設備あった場合に便利です。

東南アジアの国・地域

東南アジアのどの国が、タイと同じタイプA・B・C・Fか確認しておくと、2カ国以上を周遊するときに役立ちます。

国名タイプ
インドネシアC・F
カンボジアA・C・BF(G)
シンガポールC・BF(G)・M
フィリピンA・B・C
ブルネイBF(G)
ベトナムA・C・F
マレーシアBF(G)・C・A・M
ミャンマーC・B・D・F・BF(G)・A
ラオスA・B・C・SE(E)・F
東ティモール

ページ上部へ