リベリアのコンセントは何タイプ?

エアラインガイドTOP > 海外のコンセント > アフリカのコンセント > リベリアのコンセント

リベリアのコンセント

リベリアで一般的なコンセント・プラグ形状のタイプA・B・C・SE(E)・Fに変換アダプターは必要?日本とのタイプや電圧、周波数の違いをチェック。

コンセント形状と電源プラグの種類

リベリア日本
タイプA タイプA
タイプB タイプB
タイプC タイプC
タイプSE(E) タイプSE(E)
タイプF タイプF
タイプAタイプA

電圧は120V, 220V

リベリアの電圧は120V, 220V(ボルト)です。

製品のラベルや説明書に「100-240V」の記載があれば、リベリアでも使用できます。

ヘアドライヤー、ヘアアイロンなど製品によって、電圧を下げるダウントランスの変圧器が必要な場合があります。 ドライヤーは海外対応の製品を持っていくと変圧器が不要でおすすめです。

リベリア日本
120V, 220V100V

周波数

リベリアの周波数は「50Hz, 60Hz(ヘルツ)」です。

海外旅行で持っていくほとんどの製品では、周波数を気にする必要はありませんが、引越などで大型家電を持って行く場合は注意が必要です。

リベリア日本(西日本)日本(東日本)
50Hz, 60Hz60Hz50Hz

※富山県・長野県・静岡県(西側)から西が60Hz、新潟県・群馬県・埼玉県・山梨県・静岡県(伊豆半島など東側)が50Hz、一部混在地域があります

アフリカの国・地域

アフリカのどの国が、リベリアと同じタイプA・B・C・SE(E)・Fか確認しておくと、2カ国以上を周遊するときに役立ちます。

国名タイプ
アルジェリアC・F
アンゴラC
ウガンダ
エジプトC・F
エスワティニ
エチオピアC・SE(E)・F・L
エリトリアC・L
カメルーンC・SE(E)
カーボベルデ
ガボンC
ガンビアBF(G)
ガーナD・BF(G)
ギニアC・F・K
ギニアビサウC
ケニアBF(G)
コモロC・SE(E)
コンゴ共和国C・SE(E)
コンゴ民主共和国C・D・SE(E)
コートジボワールC・SE(E)
サントメ・プリンシペ
ザンビア
シエラレオネ
ジブチC・SE(E)
ジンバブエ
スーダン
セネガル
セーシェル
ソマリア
タンザニア
チャドC・D・SE(E)・F
チュニジア
トーゴ
ナイジェリア
ナミビア
ニジェール
ブルキナファソC・SE(E)
ブルンジC・SE(E)
ベナンC・SE(E)
ボツワナD・BF(G)・M
マダガスカルC・D・SE(E)・J・K
マラウイBF(G)
マリC・SE(E)
モザンビーク
モロッコC・SE(E)
モーリシャスC・BF(G)
モーリタニア
リビアC・D・F・L
ルワンダ
レソトM
レユニオン
中央アフリカC・SE(E)
南アフリカ
赤道ギニアC・SE(E)

ページ上部へ