イースター航空の最新情報 | 航空会社&マイレージ最新ニュース

エアラインガイドTOP > ニュース > イースター航空が関空-ソウル仁川線、2012年3月30日より

イースター航空が関空-ソウル仁川線、2012年3月30日より

郡山を本拠地とする韓国の格安航空会社、イースター航空(ZE)は、2012年3月30日より大阪・関空-ソウル仁川線を新規開設する。

大阪-ソウル線は1日2往復、計4便での就航を予定しており、運航機材にはボーイングB737-700型機を使用する。

イースター航空は2011年5月5日より札幌・新千歳-ソウル仁川線、2011年7月1日より成田-ソウル仁川線を運航しているが、札幌線については2012年3月22日をもって運休する予定となっている。

また2012年2月には7機目となるB737-700を受領する予定で、今後も路線網の拡大が期待される。

韓国の国内線については、ソウル(金浦)-チェジュ線、清洲-チェジュ線、郡山-チェジュ線を運航している。

便名 発時刻 着時刻 運行曜日
ZE612 関空 11:10 ソウル 13:00 毎日
ZE614 関空 16:15 ソウル 18:05 毎日
便名 発時刻 着時刻 運行曜日
ZE611 ソウル 08:45/td>

関空 10:25 毎日
ZE613 ソウル 13:50 関空 15:30 毎日

時刻表は変更になる場合があります。最新のフライトスケジュールをイースター航空ウェブサイトでご確認ください。

記事カテゴリー: イースター航空 | 2012年2月1日

この記事に関する空港&航空券ガイド

ページ上部へ