ハワイアン航空の最新情報 | 航空会社&マイレージ最新ニュース

エアラインガイドTOP > ニュース > ハワイアン航空、ハワイ諸島間の受託手荷物手数料を値上げ

ハワイアン航空、ハワイ諸島間の受託手荷物手数料を値上げ

ハワイ最大手のハワイアン航空(HA)は、ハワイ諸島間のフライトにおける受託手荷物手数料を2011年9月1日から値上げする。ハワイアン航空では2009年9月14日にも値上げを行っており、ハワイ諸島間の受託手荷物についての値上げは2年ぶり。

今回の料金改定ではエコノミークラス、エコノミープラスを対象に現行の1個目10ドルから17ドルへ変更される。2個目の17ドル、3個目の25ドル、4個目の25ドルは変更されない。

またファーストクラスや会員サービスの Premier Club 、上級会員の Pualani Gold と Pualani Platinum は値上げの対象にはなっていない。

ただし国際線でホノルル到着後、ハワイアン航空のハワイ諸島内便を利用する場合は、受託手荷物はひとり2個まで無料。重量制限は国際線エコノミークラスに準ずる。

記事カテゴリー: ハワイアン航空 | 2011年8月2日

この記事に関する空港&航空券ガイド

Facebookでコメントする

前後の記事を読む