タイ国際航空はどんな航空会社?2レターコードや基本情報をまとめて解説

エアラインガイドTOP > 航空会社 > タイの航空会社 > タイ国際航空

タイ国際航空(TG)

2019年10月21日 更新

タイ国際航空(TG)はスターアライアンスに加盟するタイの大手航空会社。バンコクのスワンナプーム国際空港を拠点として、世界各国の主要都市へ就航している。東南アジア、南アジア、ヨーロッパへの路線も多く、日本からバンコク経由でのアクセスができる。

基本情報

英語表記Thai Airways International
2レターコードTG3レターコードTHA
アライアンススターアライアンス国・地域タイ
マイルロイヤルオーキッドプラス
ラウンジRoyal Orchid Lounge
成田ターミナル第1ターミナル(成田空港駅)
羽田・国際線国際線ターミナル
(モノレール:羽田空港国際線ビル駅,京急:羽田空港国際線ターミナル駅)
中部(セントレア)第1ターミナル
リコンファーム必要なし

JAL、ANAとの提携

タイ国際航空は、ANA(全日空)とマイルとコードシェアで提携しています。条件によりANAのマイルが貯まります。

航空会社マイルコードシェア
JAL(日本航空)提携なし(JALのマイルは貯まらない)
ANA(全日空)ANAのマイルが貯まるあり

※マイルの積算条件は、予約クラスや対象路線、対象便などによって異なります

日本から直行便のある都市

タイ国際航空は日本からの直行便就航都市として、バンコクへのフライトを運航しています。

就航する国・都市・空港

タイ国際航空が就航する国・都市・発着空港のリストです。

都市空港
タイバンコクスワンナプーム国際空港

» タイ国際航空が運航する国際線路線と就航都市

タイ国際航空の日本発着路線

成田-バンコク線、羽田-バンコク線、関空-バンコク線、中部-バンコク線、福岡-バンコク線を毎日運航している。また2012年10月28日より札幌(新千歳)-バンコク線を週3便で運航開始した。

就航する日本国内の空港

タイ国際航空は日本発着路線、札幌・新千歳、福岡、東京・羽田、大阪・関西、名古屋・中部、成田、仙台の各空港に就航しています。

燃油サーチャージ

以前の発券期間(購入期間)で適用されていた燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)の一覧です。最新の燃油サーチャージは未確認です。

方面燃油代期間
タイ(ファーストクラス)片道 75米ドル2019年10月01日~2019年11月30日発券分
タイ(ビジネスクラス)片道 63米ドル2019年10月01日~2019年11月30日発券分
タイ(エコノミークラス)片道 35米ドル2019年10月01日~2019年11月30日発券分

» タイ国際航空の燃油サーチャージ

運航便にコードシェアする航空会社

ハブ空港

タイ国際航空が拠点とし、路線網が集中するハブ空港です。多くの路線が発着するため、乗り継ぎで利用されることも多くなります。

» タイ国際航空の主要路線

タイの就航都市

主な国際線の就航都市

国内線の主な就航都市

タイ国際航空がタイ国内で就航する主な都市一覧です。

» タイ国際航空の路線一覧

機材・機種の一覧

タイ国際航空が保有・運航する飛行機の機種一覧です。一部、発注済みで今後導入予定の機材を含みます。

マイル(マイレージプログラム)

ロイヤルオーキッドプラス

タイ国際航空のマイレージプログラムは、ロイヤルオーキッドプラス(Royal Orchid Plus)の名称。タイ国際航空のフライトはもちろん、スターアライアンス各社の搭乗でマイルを貯めることができる。日本航空の機材で運航されるコードシェア便についてはマイル加算の対象外。

機内食

エコノミークラスはタイ料理をはじめ、洋食、和食の一般的な機内食。ロイヤルシルククラスでは洋食やタイ料理のうち4種類から選択でき、事前にリクエストすれば和食(松花堂弁当)にすることもできる。ロイヤルファーストクラスはカットグラスと陶器の皿を使用したフルコースで、事前のリクエストでスペシャルミールをいただくこともできる。

タイ国際航空のニュース

» タイ国際航空のニュース

ページ上部へ