ピーチはどんな航空会社?2レターコードや基本情報をまとめて解説

エアラインガイドTOP > 航空会社 > 日本の航空会社 > ピーチ

ピーチ(MM)

2020年10月25日 更新

ピーチ(MM)は日本で初めての本格的なLCCとして全日空(ANA)が設立した航空会社。関西国際空港を拠点として、国内線、国際線を運航する予定。peachという名称には、それぞれの文字に意味が込められており、PはPan-Asia( 日本とアジアをつなぐ)、EはEnergetic(元気に溢れた)、AはAffordable(お手頃価格)、CはCute & Cool(かわいい&かっこいい)、HはHappy(ハッピーな)となっている。コーポレートカラーにはピンクと深い赤とピンクの中間色であるフーシア色を使用しており、ハワイアン航空のカラーに近い。また2レターコードのMMは日本語の桃(MoMo)が由来と言われている。

» ピーチ 国内線の路線一覧

基本情報

英語表記Peach
2レターコードMM3レターコードAPJ
アライアンス非加盟国・地域日本
成田ターミナル第1ターミナル(成田空港駅)
羽田・国際線国際線ターミナル
(モノレール:羽田空港国際線ビル駅,京急:羽田空港国際線ターミナル駅)

日本から直行便のある都市

ピーチは日本からの直行便就航都市として、ソウル、台北・桃園、香港へのフライトを運航しています。

就航する国・都市・空港

ピーチが就航する国・都市・発着空港のリストです。

都市空港
韓国ソウル仁川国際空港(インチョン)
台湾台北・桃園台湾桃園国際空港
香港香港香港国際空港(ホンコン)

» ピーチが運航する国際線路線と就航都市

ピーチの日本発着路線

国際線では2012年5月に関空-ソウル線、2012年度中に関空-香港、関空-台北に新規就航。2015年8月8日から羽田-台北を運航開始。2016年2月6日から羽田-ソウル(仁川)、2016年11月1日から関西-上海(浦東)、2016年11月2日から羽田-(浦東)を運航開始。

就航する日本国内の空港

ピーチは日本発着路線、奄美大島、札幌・新千歳、福岡、東京・羽田、石垣島、新潟、大阪・関西、宮崎、鹿児島、釧路、女満別・網走、松山、名古屋・中部、長崎、成田、大分、那覇、仙台の各空港に就航しています。

予約方法

ピーチの公式ウェブサイト(http://www.flypeach.com)または旅行会社で予約できる。座席指定は有料。

日本の就航都市

機材・機種の一覧

ピーチが保有・運航する飛行機の機種一覧です。一部、発注済みで今後導入予定の機材を含みます。

国内線、国際全いずれも全備エアバスA320-200型機で運航する。座席配列は3席+3席で、ストレッチシート18席、スタンダードシート162席の計180席。

ピーチのニュース

» ピーチのニュース

ページ上部へ